ドラマやテレビ、芸能で話題となっている情報をお届け♪

ドラマテレビなんでも

ごめん、愛してる

坂口健太郎が弾いたピアノの曲名は?なぜ弾けるの?

投稿日:

新ドラマごめん、愛してるに出演している坂口健太郎さんですが、ドラマの1話で坂口さんはピアノを弾く姿を披露しています。


この弾いている姿ですが、坂口さんの指でピアノの鍵盤を弾いている姿に視聴者は本人が弾いているのかと驚いています。


坂口健太郎さんは以前からピアノを弾いていたのでしょうか?


そして今回のごめん愛してるで坂口さんが弾いたピアノの曲を紹介します。

スポンサーリンク


[toc]

スポンサーリンク

坂口健太郎のピアノ姿がカッコいい!

今回のごめん、愛してるでは日向サトルという世界的に人気のピアニストという役を坂口健太郎さんは演じています。


普段は無邪気で子供っぽい感じですが、ピアノを弾いている姿は本当に惚れ惚れします。


第1話では韓国でピアノリサイタルを開いたシーンが登場しました。




弾いている姿はかっこいいですが、サトルは演奏前に不吉なことや夢があると不安になって情緒不安定なところもあるんですよね。


弾き終わって笑顔の坂口さんはカワイイですね。

みんなの反応は?

ドラマでピアノを弾く姿を披露した坂口健太郎さんを見たみなさんの感想がこちら。

ごめん、愛してるの坂口健太郎自分でピアノ弾いてるとか凄すぎ!
普通手元しか映らないシーンを全体映しててなんか不思議


これ坂口健太郎ほんとにピアノ弾いてんの!?すごすぎ!?!??


坂口健太郎のピアノ凄いなぁ。努力してる姿がかっこいい


ピアノ弾く健ちゃんカッコ良すぎた~



みなさん坂口健太郎さんのピアノを弾いている姿に惚れてしまっていますね。

スポンサーリンク

なぜ坂口健太郎はピアノが弾けるのか?

ドラマでピアノを弾くシーンって、ほとんどは手元をアップにしたり、ピアノ越しからの顔を写して弾いているように撮っているのが多いですよね。


しかし、坂口健太郎さんはピアノと本人を映してピアノを弾いていますよね。


これは合成とかではなく実際に坂口健太郎さん本人が弾いています!


小さい時にピアノを習っていたのかと思ったら実は全くの初心者で、最初はドレミを教えてもらうことからスタートしたそうです。


時間があればとにかくピアノの練習をしていたそうで、なんと1ヶ月で様になるほど上達が早かったんです。

先生と練習している風景ですが、『練習を始めて約1ヶ月とは思えない』と先生もお誉め言葉をいただいています。


練習と努力を惜しまない坂口さんは、ただただ尊敬の眼差しです。

坂口健太郎が弾いた曲は?

ごめん、愛してるで坂口健太郎さんが弾いた曲ですが、先ほどの動画でも弾いていたのは、ショパン作曲「革命のエチュード」です。


この曲はショパンが演奏旅行でポーランドを離れていた際、ロシア帝国からの独立を目指した革命が失敗し、故郷のワルシャワが陥落したとの報を受けて作曲されたとされます。


革命というタイトルはショパンではなくフランツ・リストが命名したものです。


ピアノを弾くには結構難易度が高い曲とされているので、これを約1ヶ月で弾けるのはスゴイですね。


そして革命の他に軽やかな曲を最後に披露していた曲はショパン作曲「華麗なる大円舞曲」です。

日本で人気のピアニスト辻井伸行さんがシンガポールで披露した時の様子です。


ピアノを弾く姿が話題となっている坂口健太郎さんですが、今後のドラマでも演奏する姿が見られるのか楽しみですね♪

-ごめん、愛してる

Copyright© ドラマテレビなんでも , 2018 All Rights Reserved.