ドラマやテレビ、芸能で話題となっている情報をお届け♪

ドラマテレビなんでも

ハロー張りネズミ

ハロー張りネズミ1話あらすじ・ネタバレ。子役の演技がスゴイ!

更新日:

ハロー張りネズミの1話がとうとう放送されましたね。


1話は伊藤淳史さん演じる川田が娘を探してほしいという依頼ですが、いったいどんな事情であかつか探偵事務所に相談したのでしょうか。


そして1話放送を見た視聴者からは今回登場した子役の子がすごいとネットで話題となっています。


早速、1話あらすじとネタバレそして感想を紹介していきます!

スポンサーリンク


[toc]

スポンサーリンク

ハロー張りネズミ1話あらすじ・ネタバレ




人情とお節介を売りにしているあかつか探偵事務所。こそにはバカでスケベだが人事情に熱い七瀬五郎(瑛太)、元ギャンブラーのグレこと小暮久作(森田剛)そしてお酒が大好きな所長・風かほる(山口智子)がいた。


あかつか探偵事務所に来たのは、1ヶ月前に娘を亡くしたという男性・川田(伊藤淳史)


川田の娘・美花(三本采香)はバレエを習っていた。亡くなった当日は川田の誕生日で、母親と一緒にバースデーケーキを買って家路につこうとしていた。


しかし横断歩道を渡ろうとしていた時、大型トラックと接触し娘は即死。娘と一緒に事故にあった川田の妻は現在も集中治療室で生死をさまよっていた。ところがある日、意識が回復し娘がどこにいるかと聞かれ、川田は軽傷で学校に行っていると嘘をついた。すると妻は、娘に会いたいと川田に頼む。


考えた末、川田は五郎の探偵事務所に娘にそっくりな子を妻に会わしたいと依頼


川田が帰ったあと、五郎は所長のかおるに今回の依頼について受けるか相談していた。今回の依頼については探偵の仕事ではないというかおるに対し、どうにかできないかと五郎は考えていた。


ちょうど事務所のテレビには昔放送されていた「米なき子」が流れていて、それを見たグレが、これだ!と名案を思いついた。


五郎とグレが訪れたのはテレビ局で、グレの知り合いのテレビ局の人に子役オーディションをするように依頼。そして、五郎は川田のもとにいき、今回の依頼を受けることを伝える。





子役オーディション当日、何人もの子供と対面するが美花に似た子供が見つからなかった。オーディションがうまくいかず、公園で悩んでいた五郎とグレ。そこで公園で子供達がもめているのを発見し、その中のひとりに美花に似ている子を発見する。


その子を追っていくと児童養護施設に入っていくのを見たふたりは確認のため、その子の写真を撮っていたら施設の園長に見つかり事情を説明。美花に似ている子は遥(三本采香)という名前で、園長は遥に事情を説明して納得したら依頼を受けると快諾した。





五郎とグレは遥に事情を説明。しかし、遥は「早く死ねばいい。この子の親も。私も死ねばよかった。」といって席を立っていた。園長は遥は幼い頃に母親を亡くし、父親と2人で暮らしていたが父親から虐待を受けていた。保護された時も亡くなった父親のそばで泣きもせず痩せ細っていて、施設にきても誰とも話さず、ずっと1人でいると聞かされる。


ハルカの事情を聞いて依頼に行き詰まってしまった五郎とグレ。翌日、五郎は川田のところにいくと、妻の容態が急変し病院に向かう。医師からは今日か明日もつかわからない状態といわれ、それを聞いた五郎は養護施設に向かう。


遥のもとに行った五郎は、遥に「今回のことは君には全く関係ないこと。美花ちゃんのふりをするなんて無茶苦茶なことだ。俺は遥ちゃんのことは知らないし、死んだ美花ちゃんや美花ちゃんのお母さんも知らないし全く関係ない人だ。だけど、遥ちゃんが誰にも必要とされていないと考えているなら、それは絶対に違う。今はわからないかもしれないけど、死にたかったなんて言うな。遥ちゃんが生まれてきた意味はあるんだよ。」と五郎は遥の前で土下座をする。


暗闇の病院で川田の前に五郎と髪を切ったハルカが訪れる。遥が美花になることを承諾したことを五郎が川田に説明。そして集中治療室で意識不明の川田の妻に遥は、「ママ。早く良くなって発表会に来てね。」と呼びかける。川田の妻は遥の方に目をうつし、涙を浮かべていた。


後日、川田の妻の葬儀後に五郎は川田に会いに行った。川田は今回の依頼について感謝し、最後に妻にウソをついてしまったが今回のことは良かったと五郎に語った。そして川田は、五郎に連れて行って欲しい場所があるとお願いをする。


向かった先は、遥のいる養護施設。


川田は遥を引き取ったことをグレとかおるに報告。全て結果が丸く収まったというグレに対してそんな単純なものではないという五郎。かおるは、川田が遥を死んだ美花の代用品ではないか、一方の美花も遥の代わりだと自覚して生活していくのではと五郎に言い、五郎もそうだと答える。


突然かおるは缶チューハイは、焼酎の代わりにウォッカが入っていると説明。「でもいいじゃん、代わりでも酔えるし美味しい。」と川田と遥の関係のように説明した。


「これから先のことを俺たちが心配することじゃない。なるようになるだろう。」とグレはつぶやいた。


遥はバレエを習い始め、川田と新しい関係を築きあげていこうとした。


後日、バーで食事をしていた五郎とグレはかおるから依頼が来た知らせを受け、事務所にいくとそこには以前事務所の前に立っていた女性・四俵蘭子(深田恭子)がいた。





蘭子の依頼は昔、サンダー貿易副社長が自殺した新聞を渡し、亡くなった副社長が自分の父親で自殺ではなく殺されたと告白。蘭子は父親の死の真相を調べて欲しいと依頼される。


そして第2話「蘭子という女」に続く。

ハロー張りネズミ1話の感想

ハロー張りネズミの第1話が終了してネットではこんな感想がでていました。












ドラマを見た感想で多かったのが、美花と遥という1人二役を演じた子役の子です。確かに川田家の幸せそうな美花ちゃんと親から虐待を受けて心を閉ざした遥ちゃんという真逆の設定で、あんなにも感情を変えることができて、演技に驚きました。


身代わりとなってお母さんと叫ぶあたりは本当に涙が出てしまうほどでした。伊藤淳史さんも父親役をする年齢になったんだなぁとなんとなく感慨深い感じで見ていましたね。


他にも子役オーディションをしていて、いろんな子役の子が出て来て森田剛さんと演技を披露したりしてその掛け合いも面白かったです。


第1話に登場したキャストについてはこちらに記載しています。
ハロー張りネズミ1話ゲストキャスト情報!遥役を演じた三本采香に注目!


そして、今回の主題歌「ユメマカセ」も披露されましたね!


SOIL&“PIMP”SESSIONSが野田洋次郎さんを迎えた今回の新曲ですが、ハロー張りネズミに合った気だる感じながらも勝手に体が動いて踊り出す感じがとってもいいです!


瑛太さん、森田剛さん、深田恭子さん、山口智子さんがエンディングに登場し、4人がそれぞれに踊るのもSOILのジャズっぽい感じでなんか新鮮でしたね。


劇中の音楽は全てSOILの曲なので、こちらもドラマを盛り上げてくれる曲で毎回ドラマの内容と曲が楽しみです。


そして次週第2話は、待ちに待った深田恭子さんの依頼ですね!1話では登場が少なかったですが、それでも本当に見てるだけで可愛さと綺麗な姿に惚れてしまいます(^^)


父親の死の真相を究明してほしいという依頼ですが、この依頼がとんでもない事件に発展することで早く続きが見たいですね!

<<ハローハリネズミ関連記事>>
ハロー張りネズミ主題歌はソイル&野田洋次郎に決定!ソイルって何者?

-ハロー張りネズミ

Copyright© ドラマテレビなんでも , 2018 All Rights Reserved.